会社案内
沿革
1958年 創業 大阪市西区立売堀で機械工具を販売目的に辻村商会を設立。
1960年 大阪国際見本市に、オートローダー装置を油圧単機能に取り付けし自動チャッキング装置として国内で初めて発表する。
同時にベアリング加工や自動車部品加工ユーザー向け自動化装置としてのオートローダーを販売する。
1967年 販路拡大に伴い、現住所に移転し、社名をジルコ工業株式会社として登記する。
ベアリング、自転車業界に加えて自動車、弱電各社ユーザーからの要望に応え、新商品のオートローダーを開発する。
1970年 オートローダーへの材料供給装置として、選別機能付きのホッパーを製造販売する。
1975年 大型部品等の要望に対応して、大型ホッパーを製造販売する。
1978年 棒状、材料装置として、新商品のホッパーを製作し販売する。
1980年 特許[簡易型ロボット]を発表し、制作販売する。
1985年 特許[ミニハンド]を発表し、制作販売する。
納入実績の拡大と共に、製品の改良を加え、各種工作機のチャッキングの自動化を可能にする。
1988年 ネジ切り機、NC旋盤、研磨機など、各種2次加工機の自動チャッキングが可能にするローダーを発表。
1991年 韓国に合弁企業を設立し、海外市場に進出する。
1992年 自動整送ホッパーの新機種として、中型ホッパーを開発販売する。
1993年 エアーマイクロ式自動計測装置を開発する。
1995年 ガントリー式ローダーを開発し販売する。
1997年 カートリッヂ式ターンテーブルを開発し販売する。
サーボ駆動の簡易ハンドを開発し販売する。
2001年 標準パレットチェンジャー製作し販売する。
2006年 工具部門より撤退